駄目なコンパニオンの呼び方

せっかくのコンパニオン宴会も、残念ながら失敗してしまうケースがあります。その要因として、コンパニオンが良くなかった……、ということがあるのも事実。とても楽しみにしていたコンパニオン宴会が楽しくなかったら、すごく凹んでしまいますよね。また、予算を安く済ませることだけを考えてコンパニオンの人数を少なくしすぎてしまい失敗、ということもあります。こうした事態に陥らないためにも駄目なコンパニオンの呼び方を共有しておきます。是非反面教師にしてください。

 

さて、駄目なコンパニオンの呼び方の代表的なものをまとめてみました。下記のとおりになります。

 

・直前に予約する

・要望をきちんと伝えずに適当にお願いしてしまう

・コンパニオンの数を極端に少なくしてしまう

・予約サイトなどを通さず、直接手配する

 

まずは、「直前に予約する」です。コンパニオンたちの数は限られていますし、繁忙期は基本的に早い者勝ちになります。当然良質な女の子から手配されていってしまいますので、できるだけ予約は早めに取ることをオススメします。言い方は悪いですが、「直前の予約では余り物が来てしまう」こともあります。

 

次に、要望を伝えないことです。若すぎる子が苦手だったり、熟女は遠慮したかったり、といった要望があるはずです。そうしたことを伝えていただかないと、予約サイトは適当に女の子を選んでしまいます。きっちりと要望を伝えることは非常に重要です。

コンパニオンの数は、宴会を盛り上げる上でも重要です。少なすぎると一部の人しかコンパニオンと交流できず、宴会が白けてしまうことも。予算を抑えるあまり失敗してしまうという、駄目なコンパニオンの呼び方と言えます。

 

また、予約サイトなどを通さずに手配しようとすると大きな失敗の元です。割高になってしまったり、コンパニオンが来なかったり、おばあさんが来たり、、、そうしたケースも報告されております。きっちりと予約サイトを利用したほうが得策ですよ。